全国規模のカジノカフェの摘発

2006年に京都の河原町のカジノカフェが摘発されたのをきっかけとして、全国でカジノカフェと呼ばれるインカジの摘発が相次いでいます。
インカジとは、全国の繁華街で雑居ビルなどで営業されています。
ネットカフェのような店内で、オンラインカジノに接続することが出来て、客はオンラインカジノを店内で楽しめます。
現金の精算も店内で行われていますので、客はその場で現金が受け取ることが出来るというメリットがあります。

しかし、インカジはオンラインカジノを店内で違法に提供しているということ、そして現金をその場で受け渡ししているということもあり、完全に違法な存在です。
2006年の京都のカジノカフェの事件では、店員2名、そして客2名が逮捕されました。
2007年には判決が出ており、店員には執行猶予5年、追徴金1億円以上など重い判決が出ています。
店員には常習賭博罪、そして客には賭博罪が適用されました。
警察によると、カジノと店側で契約が結ばれ、そして客の負け金を折半していたのではないかという見方がされています。

全国規模のカジノカフェの摘発

オンラインカジノと店の背後関係は不明ですが、暴力団の資金源になっているという情報もあります。
このようなカジノカフェは非常に違法性が高く、摘発のリスクが高いので、けして近づいてはいけません。

カジノカフェは、首都圏を中心に、全国の繁華街でひっそりと営業されています。
キャッチで呼び込みを行っており、オンラインカジノの違法性を知らない若者や、ビジネスマンが知らずに足を踏み入れてしまうこともあります。

インカジの違法性について

インカジがなぜ違法なのかというと、店内で現金の精算が行われており、これは立派な賭博罪開帳図利罪に該当するからです。

日本国内では賭博が禁止されています。
公営ギャンブル以外の賭博は固く禁じられており、賭けマージャンやその他の賭け事は禁じられています。
金銭を賭けたやりとりは賭博罪に該当しますが、場所を提供することも違法です。

インカジはこの賭博罪に該当し、しかも証拠が押さえやすいという特徴を持っています。
インカジの場合情報が漏れやすく、さらに警察がその店に訪れれば現行犯逮捕をしやすくなっています。
さらにパソコンを押収すれば、いとも簡単に証拠を見つけることが出来るのです。
その場にいたプレイヤーも全員逮捕されてしまうリスクが高いですので、インカジの違法性は知っておく必要があります。

オンラインカジノは安全なのか

オンラインカジノは安全なのか

オンラインカジノは、インカジと同様に違法なのではないかというイメージが持たれています。
オンラインカジノについてよく知らない人からすると、インカジと同様に逮捕されるのではないかと考えてしまいがちです。

しかし、オンラインカジノとインカジは全く別の形態のものです。
オンラインカジノは、インカジとは違い海外の合法国で運営されています。
主にイギリスの連邦国やカリブ海の諸国において運営されており、開設者は一流の企業ばかりです。
実際にこのカジノ開設者が日本の法律で取り締まりを受けたという例は一つもありません。
オンラインカジノ自体になんら違法性はありません。
日本人の海外旅行者が海外旅行先でカジノで遊んだとしても罪に問われないのと同じことです。

また、オンラインカジノは複数のサーバーを経由しており、さらに賭け金の流れも複雑で証拠を掴みにくいという特徴があります。
そういった事情もあり、オンラインカジノを自宅でプレイをする上で、摘発されるリスクは少ないです。

オンラインカジノの逮捕者はいるのか

オンラインカジノを実際にプレイしていて逮捕されてしまったプレイヤーは存在します。
2016年にオンラインカジノをプレイしていたということで、日本人のプレイヤーが逮捕されました。
しかし、最終的に不起訴処分となっています。

オンラインカジノの違法性を立証することは難しく、実際に処罰されてしまったという例は一つもありません。
オンラインカジノの違法性についても議論されているところがあり、海外サイトの摘発まで明言されていません。
しかし、リスクは0ではありませんので、公に個人情報を開示したり、オンラインカジノのプレイ情報をブログやチャットにアップしないように気をつけたほうが良いでしょう。
摘発される危険性は少ないですが、念のために用心したほうが良いと言えます。

インカジのその他のリスクについて

インカジのその他のリスクについて

インカジは、このように摘発のリスクを抱えていて、プレイヤーにとってもリスクは高いですので、おすすめできません。
ギャンブルを楽しむなら、オンラインカジノをおすすめします。

インカジの場合、不正やイカサマなどもあり、さらに摘発や逮捕の危険性もありますので、メリットはありません。
オンラインカジノとは違い、外部の監査が入っていることはなく、店側のやりたい放題だからです。
プレイヤーの立場も弱く仮にイカサマをされてしまっても、公にすることが出来ません。
インカジにはけして訪れないようにすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。