多くのオンラインカジノが展開しているジャックポットゲームは、非常に的中率が低いとされていて、詐欺に近いとも言われているゲームです。かなりゲーム自体の的中が起こらないまま、積み上げられている金額が急激に増えることも多くなっていて、その影響はかなり強いとされています。非常に詐欺やインチキなように見えますが、当たることも普通にあります。

ジャックポット

的中率は1%未満と言われる

ジャックポットを的中させられるのは、1%未満の確率です。非常に小さいもので、実際の数字は0.0001くらいじゃないかと考えられているのです。これくらい小さいものになってくると、流石に詐欺行為に近いように思ってしまいますし、明らかにおかしいようなイメージを持つことは当然です。それくらい当たらないようにして、大きな金額を積み上げることが大事になっています。
業者としては、大きな金額を与えるためには当然のことですし、ユーザーからすれば当たらないゲームと認識していることも重要です。しかし初心者の方はわからないので、当たらないゲームとして考えられず、単なるインチキゲームに考えてしまいます。

大当たり

当たるのは1年に1回ペース

的中する可能性としては、1年に1回、しかもゲームによって確率が変動しているので、実際にはかなりペースとしては遅いものとなります。2年以上的中が出てこないようなケースも有るくらいで、非常に的中しないようなゲームとして扱われることが多いです。それでも当たった時の利益が大きいことを考えて、ジャックポットをプレイしているユーザーは多いです。
ゲームによっては1年で2回目の的中が出ることもありますが、大半の場合は出ないように設定されていて、一定の金額が積み上がるまでオンラインカジノでは使えない設定になっています。プレイしている時には、少しでも当たる可能性があることを知っておきたいですが、的中していることが示されているなら少し考え直すことです。

当たっていないゲームを狙って

ジャックポットを当てたいなら、既に発表されているゲームはそもそも当たらないと考えて、他のゲームを狙ってジャックポットを得たほうが良いです。
これは当たっているゲームが1年以上的中しない可能性が高く、結果的に損失ばかりを計上してインチキなように思ってしまうのです。まだ1年以内にジャックポットが出ていないようなゲームを狙えば、もしかしたらその可能性をもたらすことがあります。

色々なゲーム