ペイアウトの数字が公開されている

多くのプレイヤーにとってペイアウト率は非常に気になるポイントだと思います。ソフトウェアが公開することはないと一般に言われますが、マイクロゲーミングのソフトウェアではしっかり公開されています。数字を把握すると、高いペイアウトを取れるのかが見えてきます。それなりに高いペイアウトだとわかれば、より多くのゲームをプレイしたいと思えるでしょう。

〇公開に踏み切っているのはマイクロゲーミングだけ

本来は内部情報ですし、ペイアウト率なんて公開するとゲーム自体のトラブルが生まれると思われます。しかし公開に踏み切ったのは、それだけ信頼性をもたせたいのです。マイクロゲーミングは、他のソフトウェアが伸びていることもわかっています。他に負けてしまう状況を作りたくないので、オンラインカジノでも上位に入るように、そして使ってくれることを狙うために、あらゆる情報の公開を行っています。
ペイアウト率もその1つで、どれくらいの額をペイアウトしているのか、割合で表示されています。かなり引くことがわかれば、プレイすることを早々に止めてしまうかもしれません。ただ高いペイアウト率が得られるようなら、そのゲームをプレイし続けて、大きな金額を得ることを狙う可能性もあります。

〇還元率が高いとメリットも大きい

還元率の数字がわかると、ほぼ数字の高いゲームばかりを利用されます。当然高いゲームには大きなメリットを持たせられますが、逆に低いゲームでも勝てる可能性はあります。ユーザーによっては、数字を気にしてプレイするケースもありますが、数字をあまり気にしなくてもいいユーザーは、むしろ勝てないゲームで勝負をするかもしれません。
初心者は高いゲームから選びますし、上級者以上になれば、そろそろこのゲームも当たるのではないかと考えるので、還元率などがわかっているのは大きな情報です。しかも数字は全て公開されているので、マイクロゲーミング系なら大体わかってしまうのです。

〇他のソフトウェアにはない良さ

公開されない情報が公開されて、ユーザーにとってはプラスとなる情報も多くなります。そして今までの経験から、ペイアウト率が高いものは避けずにプレイした方がいいと思えるのです。
プレイテックなどは、この方針を採用していませんから、結果的にゲームのプレイをしてもペイアウトはわかりません。より的中しやすいゲームを、そして当たった時の良さを考えるため、数字を公開してくれることはいいのです。

トーナメント制のゲームもある

オンラインカジノでは、他のユーザーとの勝負などほぼ行いません。ソフトウェアとの勝負をして、勝っていれば相当な利益を得られるようになります。しかしマイクロゲーミングでは、他のユーザーと勝負ができる要素を入れています。これによって、他にはないゲームを提供します。トーナメント制のゲームを作り、高額賞金が得られるものもあります。

〇最後まで勝ち上がれば賞金ゲット

トーナメント制のルールは、登録したトーナメントが開催されて、そのまま相手と勝負をします。勝ったら次のプレイヤーが来て、そのプレイヤーと戦います。最後まで勝負を行い、決勝戦に勝つことができれば賞金を得られます。賞金は無料開催ならあまり多くありませんが、有料で高額賞金を得られるタイプなら、1万ドルを超える金額が一気に手に入ります。
用意されているのは、ブラックジャックやルーレットが対象になります。これらは他のプレイヤーと遊ぶことのできるタイプがあります。マイクロゲーミングは、マルチプレイゲームを幾つか用意しており、これを使ってトーナメントが開催されています。最後まで勝つのは相当難しいですが、うまく勝てれば大きな賞金を得られます。

〇複数回開催されている

開催されている回数ですが、1日に1回だけではありません。複数回の開催が行われて、登録することは比較的楽になっています。後は多くのユーザーが集まってくれて、トーナメントが開催されるのを待ちます。開催されれば勝負となりますので、とにかく勝つしかありません。負けそうな状況でも、ある程度リスクを背負って勝負をしないと駄目で、負けないように頑張るしかありません。
開催は複数回なので、他のトーナメントにも参加できます。負けてしまったら次のトーナメントに参加して賞金を得る、これを繰り返すと意外と勝てます。マイクロゲーミングらしいゲームなので、これならオンラインカジノでも楽しみながら、そして本格的な勝負を楽しめるのです。

〇お金に余裕を持つこと

1つだけ注意しないと駄目なことは、オンラインカジノのトーナメントには有料のものもあります。有料で遊ぶものは、当然ですがお金を使います。賞金はユーザーのお金から出ていると考えていいので、お金をある程度持っていないと遊べません。
無料だけを狙ってもいいですが、無料のトーナメントでは多く稼げません。大金を得たいと考えるなら、有料のトーナメントを使い、一気に稼がないと駄目なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です